聖護院、黒谷界隈の庭

―邸宅、料亭、門跡、名刹の多彩な庭の数々―  京都の庭園  トップページ  地図



全国的に有名な観光地から少し外れるため、それほど人も多くなく、 古くからの京都の町の雰囲気を感じられるこの界隈。
高い格式を誇った門跡寺院の聖護院門跡、蕎麦の河道屋養老、財界人の邸宅の庭を引き継いだ西尾八ッ橋別邸(西尾八ッ橋の里)が集まっています。
東に数分歩けば、大寺院の風格漂う黒谷さん(金戒光明寺)とその塔頭、西翁院、紅葉で有名な真如堂の庭園も。
比較的人が少ない穴場的存在で、ゆっくりと個性的なそれぞれの庭を鑑賞することができます。












聖護院門跡  

かつての天台宗門跡寺院。高い格式に相応しい御殿と優美な苔庭、白一色の神聖な南庭、各所に造られた坪庭など、見どころ満載です。特別公開寺院






河道屋養老

玄関前の露地風庭園、そして座敷奥の坪庭が美しい蕎麦の老舗。お手頃な価格で、京都を満喫できます。






西尾八ッ橋別邸(西尾八ッ橋の里)  

東洋レーヨン(現在の東レ)の役員などを務めた河原林樫一郎氏の旧宅。その後は東芝役員の保養所となり、現在に至ります。カキツバタの池や露地の苔が美しい庭園






金戒光明寺

正式な寺院名より、圧倒的に「黒谷(さん)」で通じる浄土宗の大寺院。庭園は中根金作、植彌加藤造園により作られました。特別公開寺院







西翁院(金戒光明寺塔頭)

露地と新緑の美しさは見事のひと言。茶室「紫雲軒」(淀看席、よどみのせき)でも有名な金戒光明寺の塔頭です。特別公開寺院






真如堂(真正極楽寺)

黒谷さんと同じく正式な寺院名は京都でも知らない人が多いと思いますが、真如堂といえば誰でも知っているほどの有名な寺院。特に紅葉の名所で有名ですね。






重森三玲庭園美術館  

聖護院から北に数分ほど上がれば、京大の近く、吉田神社の参道前には近代日本屈指の庭園家、重森三玲の邸宅(重森三玲庭園美術館)があります。
個性的な庭に茶室、襖や障子の造形など、重森三玲の美意識に感動です。拝観は申込制




Copyright © Goto N.  All Rights Reserved