京都三条通、四条通界隈の町家、商家の庭   京都の庭園  トップページ  地図



京都の中心部、三条通と四条通その周辺(南北は御池通から松原通まで、東西は河原町通から新町通まで)にある名庭、坪庭を集めました。
いまや当時の持ち主を離れ、新しいショップ、ホテルとして生まれ変わっている場所も多いですが、どこも庭を大切に保存し、維持されています。


【三条通】 三條本家みすや針 大西京扇堂 ポール・スミス三条店 マスターピース・コーヒー京都
【麩屋町通三条上ル】 晦庵河道屋 【富小路通御池下ル】 料理旅館吉川 【堺町通三条下ル】イノダコーヒ本店
【六角通烏丸西入ル】 旧伴家住宅(カンデオホテルズ京都) 【新町通六角下ル】 旧吉田家住宅(無名舎)


 御池通〜三条通〜六角通 (河原町〜烏丸通の間で東から順に)



三條本家みすや針  三条通河原町西入ル

三条通から少し路地を北に進むと、針の老舗「みすや針」の庭園が目の前に拡がります。京都の繁華街のど真ん中とは思えない静謐な空間






大西京扇堂  三条通寺町東入ル

京扇子の老舗に相応しい伝統的な坪庭ですが、欄干を持つ橋が庭に架かります。






鳩居堂  寺町通姉小路上ル

国宝も所有する、書画用品や文具、和小物の老舗である鳩居堂。大幅な改装とともに店舗の外側には庭も作られました。






晦庵河道屋本店  麩屋町通三条上ル

蕎麦の老舗、晦庵(みそかあん)河道屋は、麩屋町(ふやちょう)通を三条から北上した場所に






ポール・スミス三条店  三条通富小路東入ル

世界的に有名なブランド、ポール・スミス。町家を活かした店舗構成で、庭も当時のままの姿で。東西文化の融合は斬新な美しさ






マスターピース・コーヒー京都  三条通富小路東入ル

ポール・スミス京都三条店の西隣、かばんブランドのマスターピースが運営する喫茶店。坪庭を見ながら、コーヒーを味わえます。







料理旅館吉川  富小路通御池下ル

小堀遠州作と伝えられる名庭が館内に。ちょっとした場所につくられた坪庭もすべて洗練され、日本文化の美しさが凝縮されています。






宮脇賣扇庵  六角通富小路東入

京扇子の老舗。坪庭だけでなく、重要文化財の天井など、店全体があたかも美術館のような美しさ。必見です。







イノダコーヒ本店  堺町通三条下ル

町家の門構えを入ると、中は洋風の洒落た庭。京都を代表する喫茶店で、祖父の時代から三代続けて愛用している顧客も多いです。






大極殿本舗「栖園」  六角通高倉東入

和菓子で有名な大極殿の六角店。坪庭を囲む茶寮が併設されています。



六角〜四条〜仏光寺通 (烏丸〜新町通の間で北から順に)



旧伴家住宅(カンデオホテルズ京都烏丸六角) 地図 六角通烏丸西入

登録有形文化財の伴家住宅をそのまま取り込み、有効活用したホテル。町家の伝統を新しく、美しくよみがえらせました。町家を体験できる貴重なホテル!






旧吉田家住宅(無名舎)  新町通六角下ル

珠玉の坪庭が保存された旧吉田家住宅。生地問屋として栄えた商家の姿を今に伝えてくれます。






四条京町家     四条通西洞院東入  

四条通で町家の坪庭を鑑賞できる貴重な場所でしたが、閉鎖されたようです。とても残念






ザ・ターミナル京都(旧木崎呉服店)  新町通仏光寺下ル

京町家を「本来の姿に戻す」ことをコンセプトにさまざまなイベントなどが企画されています。奥庭を見ながらお茶を飲める至福のスペース



松原通高倉西入



大西常商店(京扇子)    松原通高倉西入ル

京扇子の老舗が誇る、下京の商家の洗練された個性的な中庭と坪庭




【撮影後記】帰りの新幹線まで時間があったので、昔はよく訪れていた三条通に。
両親とときどき出掛けた
イノダ晦庵河道屋天ぷらの吉川などの懐かしい店の前を通り、想い出に浸るのも良いかなと思ったのですが、
ふと「昔からの店が多い三条には坪庭があるお店も多いのでは?」とひらめきました(笑)。
まず、昔の記憶をたどり、母と同行した覚えがある、路地の奥にある三條本家みすや針に。町中で独特の世界を創る瀟洒な坪庭、いいですね。
その後で三条通に戻り、それとなく外側から店内を覗くと、大西京扇堂やポールスミスの店舗の奥に坪庭を発見!
厚かましいお願いと承知しながら、見学と撮影を申し出ると、どのお店も快くご対応して下さいました。ありがとうございました!

まるで美術館のような宮脇賣扇庵 、同じく京扇子の老舗大西常商店
でも写真撮影を快諾して頂き、心から感謝です。
撮影の許可を越え、両店舗とも笑顔で「お好きなだけ写真をお撮りください」というとても親切なご対応。老舗の余裕、品格、貫禄を感じました。

中京、下京の坪庭探訪で思ったのですが、やはり京都での土地勘、お店の評判などが自然に養われていたことは、今になって役に立つなぁと痛感。
その反面、育った場所の近くに名園があっても全く興味がなくて気がつかなかったり、何回も通り過ぎていたことは今さらながら後悔ですね。




Copyright © Goto N.  All Rights Reserved