上京区(西陣、寺之内)の庭

―日蓮宗や門跡の寺院、商家の庭―  京都の庭園  トップページ  地図



裏千家今日庵

中京や下京とはまた異なる、京都の本当の庶民の生活が息づいている界隈ですが、
表千家や裏千家、宝鏡寺などの尼門跡、日蓮宗の寺院(本法寺妙顕寺など)が点在する、なかなか「渋い」地域です。
西陣はもちろん絹織物で有名な街。いまは織成館となっている商家、旦那衆に愛された萬重(まんしげ)のような料亭の庭も見応えがあります。








妙顕寺(桜の枯山水) 尾形光琳ゆかりの庭 

妙顕寺は日蓮宗の名刹で、1321年の建立。隠れた名園の宝庫です。
仏殿前の「四海唱導の庭」のほかにも光琳曲水の庭、孟宗竹の庭など多彩な庭園があり、春には桜、秋には紅葉が楽しめます。






宝鏡寺(百々御所)

尼門跡として高い寺格を誇る宝鏡寺。人形で有名なお寺です。






本法寺  

長谷川等伯の涅槃図で知られる日蓮宗の名刹、本法寺。「巴の庭」のほか、上品な坪庭もあり、庭としても見応えがあります。







妙蓮寺


十六羅漢石庭は隠れた人気があるようで、特別公開時には多くの人が訪れます。






織成館(旧木崎商店) おりなすかん

公益財団法人 手織技術振興財団が運営する西陣織のミュージアムで、工場見学や講演会の開催など多彩な催しを行っています。
庭は旧木崎商店から引き継がれたもので、洗練された座敷から観る貴船石の坪庭は、京都の商家の原風景






法輪寺(だるま寺)

達磨(だるま)で有名な法輪寺。本堂の南側に広がる「無尽庭」は一面の苔庭にさまざまな石を配した、文字通り、まさに「隠れた名庭」






立本寺 りゅうほんじ

客殿の南と西に拡がる庭園は、江戸末期)に作庭されました。かなり以前に訪れたので、今は少し趣が変わっているかもしれません。
でも自然に近い苔庭は、幽玄な雰囲気で素敵でした。




Copyright © Goto N.  All Rights Reserved